田舎の片隅からほそぼそと発信中♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年01月29日 (日) | 編集 |
今年になって初の映画鑑賞♪

観た映画は
「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」


ちょっとネタバレ。観てない人は飛ばしてね。

三丁目の夕日

シリーズ3作目
やっぱりこの映画大好き~~!
東京オリンピックが開催されたこの時、
私はまだ生まれていないんだけど、
なぜだか懐かしさを感じ、ほのぼのしてて、
ゆったりと時間が進み、ほろりと涙が出る
古き良き時代の物語でした。

淳之助くんはいい子すぎるし、
六ちゃんかわいすぎるし、
もうね、私も三丁目の住人になりたーい!!
って思いました(^^)また続編できないかな♪

山本五十六。
こちらは母が観たいと言っていた映画。
この人の名前は聞いたことあるけど、
どういう人か全然知りませんでした。

戦争に一番反対しながら、真珠湾攻撃の指令を
出さなければならなかった人。戦争が始まっても、
できるだけ話し合いで決着をつけたかった、これからの
日本を背負っていく多くの若者の命を救いたかったのに、
まったく思うようにはいかなくて。観ていてなんとも
もどかしかった。だって多くの命が失われたという
結果を知ってる
から・・・。

太平洋戦争の開戦の経緯や、真珠湾攻撃の際、
五十六が再三「宣戦布告をしたのか」と確認していた
のに、結局攻撃したあとの宣戦布告になり、米軍に
日本を攻撃する大義名分を与えてしまった経緯とか、
全然知らなかったので、歴史の勉強にもなりました。

山本五十六の映画の最後は終戦後の
焼け野原の東京
の映像が流れたんだけど、
その前に観た三丁目の夕日では
昭和39年の東京の映像が流れていて。

三丁目の夕日で、涙ぐみながら
何にもなかったんだぞ!
それが東京オリンピックだぞ!

ってお父さんが言うシーンもあり、
たまたま同じ日に観た別々の映画で、
焼け野原が20年後にはここまで復興してる
ってことを偶然にも観ることができて、
人の力はスゴイ!!ということを
改めて思いました。

さて、映画の予告編懐かしいものを観ました。
それは・・・タイタニック!!

あの大好きで大好き姉と20回以上
映画館に足を運んでは泣いて観た映画
3Dで映画館に帰ってくる!

ぜったい観に行く~~~~!
またタイタニックを映画館で観れる日が
来るなんてみたいです☆楽しみ~~♪
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。