田舎の片隅からほそぼそと発信中♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年08月23日 (金) | 編集 |
昨日は公立病院呼吸器科への通院日でした。

実はここ最近、仕事中息苦しかったり、
夜になると結構咳がでたりと調子がいまいちで。

だから、昨日は肺機能検査をすることに
なってたんだけど「今日はきっと悪い結果
だろうなぁ」と思ってました。

まず、血圧計って、酸素濃度を測ってもらい、
(96%で、いつもより若干低いくらい)
しばらく待ってから肺機能検査へ。

これがいつもより息を吸うのも
吐き出すのも(こっちの方が特に)
苦しくてきつかった。

待合室に戻り、しばらく待って
診察室へ。

「夜咳がでるのと、息苦しかったりも
するけど、熱が出たりとかはないです」と、
最近の状況を伝えた所、
「確かに、検査の結果は悪くなってますね…」
って言われたので「今日はいつもより
もちょっと息苦しくて、ちょっと調子が
が悪いです」ってことを伝えました。

「風邪とかひいたりしてないですか?」
「はい、なんもないです」
「そうですか、ちょっと音を聞かせてください」
と、のどの所と胸、背中の音を聞いてもらったら、
「左の方から音がしますね。
喘息の発作が起きてるようです」と。

前も書いたけど、発作っていうのは
「ぜーぜーひゅーひゅー」と突然来るものだと
思ってたので、え!!発作??って
びっくりしました(^^ゞ

「この状態だと、前にも出した飲み薬を飲んだ方
がいいと思います。メプチンはまだありますか?
苦しいときは使ってくださいね(^^)
それと、朝晩の吸入ですが、今のお薬だと
もう追いつかなくなってるのかもしれません。
なので、お薬を変えましょう」

とのことで、2種類の吸入薬の説明を受けて、
今まで私が使っているのと同じ形
(慣れてる方がいいかと思って)のにしてもらいました。

先生がカルテの前のページを見ながら
「2年くらい前からなんですね、喘息の
診断で吸入しだしたのは。…なんだか
僕に代わってから悪くなってるような…(^^ゞ」

今年の5月の終わりに肺炎になって
から以降が、なんだか調子がいまいちな日が
あるってだけで、先生になって調子が悪いのは
本当にたまたま(先生にかわってから薬を
変えたとか、新しい治療法にしたとかそういう
ことはなかったし)なので、
「いやいや!!この前の肺炎になってから
こっちなので、先生のせいじゃないです(^^ゞ
たまたまタイミングがそうなっただけで」
って言ったら
「そう言っていただけるとありがたいです(^^)」
と、まぁこんな会話を間に挟みつつ(笑)

「次回は1カ月後に来てもらっていいですか?」と。

私は、今回で公立病院への通院は終わりで
次回からは別の病院に行かないといけないん
だよなぁって思ってたので「ありゃ?いいのかなと」
思ったけど「またその時に肺機能検査をしてもらって、
薬の効果を見たいので」とのことで納得。

ってことで、来月まで公立病院への通院と
なりました。もうできたらこのままずっと
公立病院がいいんだけどなぁ~。
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。