田舎の片隅からほそぼそと発信中♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月17日 (火) | 編集 |
昨日、紹介状を持って、
うちから1時間の病院へ、
旦那くんに連れてってもらいました。

初めての病院に行くのは
やっぱりドキドキでした。

ドキドキしすぎたからか、
いつもより血圧が高かった(^^ゞ

まぁそれはそうと、病院に着いて
まず診療申込書を書いて、
保険証と一緒に紹介状を受付窓口に提出。

紹介状にCDがついていたので、それを
読み込むのでちょっと時間がかかるということで、
しばらく待って、再び受付に呼ばれて
地図をもらい、内科(呼吸器科)の窓口へ。

血圧と体温を測り「10番の診察室から
呼ばれます」とのことで、10番診察室の
前で待ってました。


診察室がたくさんあって、10番は
端っこだったのと、意外と患者さん少なくて、
待ってる間ゆっくり本が読めました。
でも、どんな先生かなぁ?とか考えたりも
してたので、あまり集中できなかったけど(^^ゞ
しばらくしてレントゲンを撮ってくるよう
言われて撮りに行き、戻ってしばらく
待ってると診察室に呼ばれました。

最初に挨拶をして、今までの経過などを
ゆっくりと詳しく話しました。
そして、紹介状につけられていた画像を見て、
私の肺の状況を結構詳しく説明してもらいました。
先生曰く「難しいですね…」とのことでした。

どうやら、私の肺の状況を見ると、先生たち
呼吸器科の医師は「ある菌」が原因だと想像
するんだそうだけど、私が5年前に受けた
気管支鏡検査の時にその菌が出ていないのだ
そうで、難しいと。

胸の音(普通の呼吸、大きく吸って強く吐く
時の音)を聞いてもらい「喘鳴は聞こえるけど、
自分でヒューヒュー言ってるのわかりますか?」
と聞かれたけど、自分じゃあまりわからず。

それで「うーん、喘息のヒューヒューなのか、
別の方(きっと元々の病気の方)のヒューヒュー
なのか…これもちょっとわからないなぁ。
普段はヒューヒューするのってわかります?」
って聞かれたので、これまた「普段はあまり
ヒューヒューというか息苦しいことはあるけど、
ヒューヒューはないです。風邪ひいた時は
あります。あと、寝る前は咳がよく出ます」
って伝えました。

そのため、肺機能検査と血液検査を
受けてくるよう言われ、
「痰は出ますか?」って聞かれたので、
「はい、たぶんすぐ出ます」って言ったら、
「でしょうね、この画像みると出ると思います」
なーーんて言われ(^^ゞ

採血して、肺機能検査を受けに行き(やっぱり
苦手~。でもそれを検査技師の人に伝えたら、
ひとつの検査するたびに「上手です~」って
たくさんほめられて照れくさかった(笑))、
戻ってしばらくして診察室に呼ばれました。

血液検査の結果、ほぼ異常なし。
肺機能検査の結果は、やっぱり普通の人よりは
吐く力、吸う力が少し弱い。
喘息の人の呼吸の波形ではグンっと
上がるところがそんなには上がってない。
ただ、やっぱり画像をみると、何らかの
炎症があるんだと思います。痰の検査結果が
次回に出るので、それを見てまたいろいろ
考えましょうということでした。

長くなったので、次回に続く。
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。