田舎の片隅からほそぼそと発信中♪
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年12月15日 (火) | 編集 |
「母と暮らせば」
「杉原千畝」を
観に行ってきました!

151215_1803~01


ネタばれ注意。

愛する息子を長崎の原爆で亡くして、
その亡骸も見つけられず、
でも、諦めきれず過ごしてきた3年。

それはきっと長くつらい日々だったと思う。
3年たってやっと諦めることにしたら、
息子が亡霊になって現れて、
生きてた頃のように
たくさんおしゃべりしてくれる。

きっと浩二くんが亡くなってから
亡霊でもいい、もう一度会いたいって
思い続けてきたお母さんの願いが
叶ったのかな。


杉原千畝を観た後に
母を暮らせばを観たから、
「もう!!千畝さんが言ってたよね。
『アメリカと戦争してはいけない』って。
千畝さんの言うようにしてたら、
浩二くんは死ななくて済んだのに!
お母さんがあんなに悲しまなくて済んだのに」
って思いながら観てました。

辛かった毎日だったけれど、
最後は誰よりも幸せだったんだろうな。
お母さんよかったね…って
最後に少し救われて、
こころ温まる映画でした。

ただ、映画はあくまでも物語なんだけれど、
実際にこういう現実を過ごして、
悲しみに暮れていた人たちが
何百万人もいたんだと思うし、
月並みだけど、どんなことがあっても、
戦争はしてはいけないって改めて
強く思いました。


そして、私もこれからも母を
大事にしよう!って改めて
心に誓いました。これから
まだまだたくさん親孝行したいです(^^)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。