田舎の片隅からほそぼそと発信中♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月15日 (木) | 編集 |
姉からメールが来ました。

今どこ?家に電話かけても出ないし、
お母さんどこにいるの?
そう言われて、はじめて電話が
おかしい
のに気づきました。

そういえば、前もメールで
「電話かけたけど誰も出なかった」って
言ってて、母も「かかってきてない」って
言ってたけど、まぁ姉がまちがって違う人の
ところにかけた
んだろねーってことで話は
終わってました。

実際は終わってなかった(^^ゞ

私がケータイでかけてみると、
ぷるるるコールはするけど、
呼び出し音が鳴らない。

受話器をとってもうんともすんとも言わない。
これはもう故障受付に電話か・・・。と、
そこで気づいたんだけど。

「電話の故障は局番ナシの113へ」
って・・・電話が故障してんだから
電話がかけられない
じゃないかー!
なんじゃーこの矛盾は!

まぁ、公衆電話とか知り合いのところから
かけるようにってことだろうとは思うけど(^^ゞ
ちょっと言ってみたかっただけです(笑)

とりあえず、ケータイから113にかけて
みたら、ケータイの故障受付でした(笑)
しきりなおして、タウンページでNTTの
お客様センターを調べてかけたら、ケータイ
からの故障受付
の番号を教えてくれました。

状況説明して、あとは母に任せて仕事に
行きました。帰ってきて聞いてみると、
結局は回線が断絶してたらしい。回線が断絶
してるのにネットができるのはおかしいと、
回線を調べてみたら、なんかありえない(!?)
接続されてたみたいで、ある意味違反だと(^^ゞ
でもねぇ、その工事してくれたのは電気屋さん
だし、そんな中身のことなんて知らんもん。

で、まともな回線に治してくれたそうです。
それと、結局は電話も壊れてたみたいで、
NTTから電話を借りてそれを繋げてました。
物置から、昔使ってた電話を持ってきて
繋いでみたら無事繋がりました。

私はだいたいケータイで電話するし、
母もあまり電話する人じゃなく、
電話受けるほうなんで、姉がメール
くれなかったら、いつまでも壊れてる
ことに気づかないまま
毎日を過ごしてた
んだろうなぁ~(笑)あぶなかったー(^^ゞ
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
本当に家の電話ってあんまり必要なくなりましたよねー!
うちも壊れてても気付かないかも。たまに家の鳴ったと思ったら
最近はだいたいセールスだったりします。
友達は携帯ですもんねー!
2006/06/16(Fri) 10:26 | URL  | といとい #-[ 編集]
ありえない工事に電話ぶっこわれてるとは奇怪なww
でも無事なおってよかったw
いつまでも気づかないと困るもんね!
2006/06/16(Fri) 18:53 | URL  | うーちゃん #-[ 編集]
まあ~そんなことがあるのね~。
簡単に考えずに調べてもらう事も必要なんだと実感です。
気が付いてよかったですね。
それにしても、回線の断絶って????
2006/06/16(Fri) 22:22 | URL  | cyatoco #-[ 編集]
といといさん>そうなんですよね~。友達とは
みんなケータイで・・・っていうか、メールだし(^^ゞ
家の電話使うのは、兄や姉との時くらいです。
あと、会社にかけるときとかですね。電話代が
ケータイからだともったいないし(笑)

うーちゃん>ありえない工事だったけど、私に
とってはとても便利な接続だったみたいで(笑)今、
ネットするのにちょっと不便な状況になってます。
まぁ、違反はしたくないししょうがないね(^^ゞ

ちゃとこさん>私もその回線の断絶の理由が
知りたいです。電話の故障の理由も。電話の方は
断線した時に、きっとなんらかの負荷がかかって
壊れたのかなぁとも思うけど、ひどい地震とか雷
もなかったし断線の理由がなんなのか疑問です。
2006/06/16(Fri) 23:17 | URL  | とことこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。