田舎の片隅からほそぼそと発信中♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月31日 (日) | 編集 |
ゆうべは、夜も微熱程度でよかったんだけど、
家では熱が高いだけでほとんどでなかった
咳がでまくりでなかなか眠れませんでした。

でも、熱だいぶ下がったし、大晦日だし、
帰りたいなぁ~と思って、朝、先生に
帰っちゃだめですか?」って聞きました。

先生「ええっ!・・・うーーーーん、まだ熱
下がったばかり
ですからねぇ~~帰るのは
ちょっと
ですねぇ・・・」と。

・・・やっぱりだめかぁ、しょうがない・・・と
あきらめてると、一回ナースステーション
の方に戻った先生が、もっかい部屋に来て
外泊ですね、そうですね、夕方の点滴して、
帰って、熱がでるかどうかみて、熱が出たら
すぐ来てもらって・・・う~~~~ん
すごく悩んでました(^^ゞ

それから「まだ熱が下がったばかりで、
世の中は寒いし、とことこさんはもともと
の病気
があるから細菌感染しやすいし、
ぶり返す可能性も高いし・・・外泊はやっぱり・・・」
と言われたので、「はぁい、わかりました。
おとなしく病院で年越ししまぁす・・・」と
いうことになり外泊許可もらえませんでした。

先生苦笑いしてました。あとから看護師さんから
「先生、ナースステーションで外泊のこと
かなり長い間悩んでましたよ~」って聞いて、
先生、無理言ってごめんね(^^ゞって思いました。

彼氏くんがお見舞いに来てくれた時に、
そう伝えました。そして彼氏くんはうちで
年越しする
って言ってたのでホッとしました。

だって、母ひとりでの年越しは淋しすぎるから。

彼氏くんがいてくれてよかった。。。



年末(29日)に肺炎になってしまって、
入院しました。その前後と入院時の
記録(ヒマなので走り書き日記つけて
ました)のUPです。
テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。