田舎の片隅からほそぼそと発信中♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月30日 (金) | 編集 |
とり天定食と、カニクリームコロッケ定食
を食べてお腹いっぱいになった後、私が
短大時代に住んでいた町に行ってみました。

私が住んでいた下宿。何年ぶりかに行って
みたら、まだちゃんと家はあったけど、
下宿の棟は板でバリケードしてあって
もう下宿はやってないみたいでした。

下宿のごはん休みの日、食べに行っていた
おとなりの小さなごはんやさん閉まってたし、
下宿のお風呂休みの日に入りに行っていた
銭湯なくなっていて、なんだか淋しかったです。

それでも大学通りは、まわりのお店は多少
変化
があった(小さなスーパーがコンビニに
なってたりした)ものの、道幅変わって
ない
し、坂道の上にある大学の門は、以前の
そのまま
で、大学生らしい人たちがたくさん
歩いていたりして、あー私もこんな感じで
通ってたなぁ
と思い出したりして。大学に
入っていって学食でものぞいてみたかった
けど、その度胸がありませんでした(笑)

そして当時友達とよく通った小さな食堂
(レストラン)
はまだありました!きっと
今も学生のために安くて多くて美味しい
メニュー
がたくさんあるんだろうなぁ。
ごはん食べてなかったら、入って食べて
みたかった
な・・・って今回は別府でとり天
を食べようツアー
で来たんでした(笑)

あの頃、初めて親元を離れてここに来て、
人見知りな私はなかなか同級生に声を
かけることができず
ブルーな気持ちで
通っていた最初の数日。そんな私に声を
かけて
くれて、それからすぐうちとけて
仲良しになった人たちは、今でもかけがえ
のない友達
です。ここで暮らした2年間の
思い出すべてが
私の宝物になっているん
だなぁ
ってことを改めて胸に感じました

最近はみんな結婚し、それぞれに忙しくて
なかなか会えない
けど、久しぶりにみんな
に会いたいなぁ
って思いました。

旦那くんが「とことこの学生時代が垣間
見えて楽しかった(^^♪
」って言ってました。

私も、私の2年間暮らした思い出の町に、
旦那くんと来ることができて、とても
うれしかったです☆懐かしかったし、
来てよかったです(^^)

また来たいし、今度来る時は、
懐かしの小さなレストランで学生の
メニューを食べようツアー
」で
来ることにします(笑)
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
素敵なツアーですね^^
自分も懐かしいし、好きな人と自分の思い出を共有するっていいですよね。
その当時は、なんとも思わなかった風景なのに、
時間が経った今、再び行ってみると、『思い出』がある分、そのときとは全然違った気持ちで眺めてしまいますよね・・・もしこの先、どこかに引っ越したりしたら、今住んでる街や家もいつか懐かしく泣ける風景に見えるのかなって思います。
2007/12/02(Sun) 14:58 | URL  | ren #-[ 編集]
れんさん>あはは(^^♪私にとっては素敵なツアーに
なると思うけど、旦那くんにとってはどうでしょうね~?
だって、はるばる何時間もかかっていって、280円の
ランチを食べようってツアーですから(笑)
でも、好きな人と自分の思い出の地に一緒に行けるって
本当に幸せなことだと思います(^^)住んでる時は、休みになると
実家にすぐ帰ってたりして、愛着があまりない街だったのに、
今行ってみたら、まぶしくて懐かしくてなんだか泣けてきました。なんででしょうね~?
2007/12/04(Tue) 23:28 | URL  | とことこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。