田舎の片隅からほそぼそと発信中♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月23日 (水) | 編集 |
昨日は公立病院呼吸器科に通院し、
予定通り気管支鏡検査を受けました。

旦那くんの付き添いで病院に着いて、
体温を測りながら血圧を測ってもらい、
酸素飽和度を測定してもらったけど、
緊張しすぎで手先が冷たくなかなか
測定できなくて、何度かやり直して
無事測定できてから、処置室へ。

検査着に着替え、点滴を始め、まずは
反射を抑えるためのどの麻酔を吸入で
行いました。なるべく奥に吸い込んで
って言われたのでなるべく奥に奥にと
思いながら吸入したけどあまり効いて
ないような…こんなもんかなぁと思い
ながら車椅子で検査室へ移動。

検査室に入るとまずは先生がのどの
麻酔の仕上げで麻酔薬を直接喉の奥に
吹き付けました。舌を押さえ呼吸に
合わせて何度も吹き付けるんですが、
これがもーすぐおぇおぇ言う私に
とっては大変で。餌付いてずっと
おぇおぇ言いながらでした(^^ゞ先生が
「大丈夫大丈夫」って言ってくれたから
少しは気は楽だったけどきつかったです。

その後ベッドに仰向けになり、肩に
筋肉注射。これまた痛かった。マウス
ピースみたいなのを口に付け、目に
麻酔薬が入らないように目隠しをして、
いよいよ検査開始。

カメラが挿入され、せきどめの薬、
少し頭がボーっとなる薬を点滴の
くだから注入。

カメラ挿入は痛くも苦しくもなくて、
「あっ思ったより楽だぁ」と思った
のもつかの間。やっぱりせきどめの
注射しててもせきはでるしなるべく
我慢するのがもーつらかった~(T_T)

それに、私は仰向けで寝たらすぐたんが
たまるので、そのせいで息苦しくて。
あとで先生から聞いたけど、なんかたんが
かなり多くてそれを取らないと中も見えない
からたんを取るのに時間がかかって、最後
の方は麻酔が切れかかってたらしい(^^ゞ
だから咳がでてでて、それを我慢するのが
もう・・・(涙)(我慢できなかったけど(^^;)

「今から一番大事なところで、もう
少しですからがんばりましょうねー」
と言う先生の言葉に涙流しながら
うなずいて検査続行。

先生が「痛いですかー?」って聞いたけど、
その時は痛くなくて首を横にふってましたが、
その直後に左の腰の上から背中あたりに
鋭い痛みが。また「痛いですかー?」って
聞かれたので思い切り縦に首をふりました。
何度もその繰り返しをしてやっと検査終了。
終わったときはもうぐったり…。

処置室で1時間ほど休んで、レントゲン
撮って、診察室に行き、合併症(気胸とか)
がないこと確認してもらい、簡単な説明
(詳しい説明は後日)を聞いて、検査後の
説明の紙をもらい、支払い(約17000円…涙)
済ませて薬をもらい帰りました。

しばらくは血の混じったたんが出たり
微熱がでたりするけど2、3日で落ち
つくそうです。ただ、帰ってしばらく
したら、左背中と左胸が痛くて…。
横になってたら大分ましなんだけど
直立できなくて。昨日は家の中をずっと
這って移動したり前傾姿勢で移動したり
しました。きっと検査で肺とか触ってる
のでその影響だろうから明日になれば
治るだろうと思いながら就寝。

続く。
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。